様々な原因

更年期障害は、40代後半〜50代にかけて発症すると言われています。
更年期の女性というのは、体に様々な変化をもたらします。人間は年齢を重ねると共に健康にも変化があります。こうした変化は自然なことではありますが、心がついていけないこともあるので、ついていけるように心の準備をしておく必要があります。
変化についていくことが出来なければ、体調を崩してしまう恐れがあります。
更年期障害は、年齢に応じた体の変化です。少しでも症状を抑えるためには、更年期障害のしくみと原因を知っておきましょう。

更年期障害が起こる可能性が高いのは閉経前後5年です。10年という歳月をかけて体が老年期へ変化していきます。
どうして、体の機能が変化するのかというと、卵巣機能が衰えるからです。そうすることで、女性ホルモンのバランスが乱れ、体に様々な症状をもたらすのです。
つまり、更年期障害の症状は、体が急激に変化したというサインです。
女性ホルモンのエストロゲンというのは、様々な働きをしています。
排卵を促す、血中コレステロール値を正常にする、自律神経を正常にするというような働きがあります。
しかし、エストロゲンが減少することで、体調が変化してしまいます。
誰でも更年期は迎えるものですが、更年期障害が現れるのは全ての人ではありません。人によって症状の表れ方、感じ方は違います。
誰にでも起こることではありませんが、起こる可能性はあります。そのことを踏まえて、上手く乗り切りましょう。

ページのトップへ戻る