みんな安心できない

若年性

更年期障害というのは、多くの人が悩んでいる症状なので、知っている人も多いでしょう。
しかし、具体的にはよく分からない…という人も多いのではないでしょうか?
更年期障害は、更年期を迎えた女性にしか発症しないと思っている人が多いと思いますが、実は若い女性も男性も安心していてはいけません。
「え!若くてもなるの?」「男性でも!?」と驚く人も多いことでしょう。
つまり、誰もが安心することが出来ないのです。

若年性更年期障害というのは、名前の通り、若くから更年期障害が現れる症状です。
通常、更年期障害というのは、更年期を迎えた女性に起こる症状です。しかし、最近では20代や30代の女性も同じような症状で悩んでいます。
更年期障害が発症する原因としては、閉経によるホルモンバランスの乱れです。しかし、どうして閉経前の女性が発症するのでしょうか?
その理由は、過度のストレスやダイエットです。
過度のストレスやダイエットによって、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。
20代は社会人として色々な経験を積む時期です。仕事のプレッシャーが大きく、ストレスが感じやすいのです。30代は結婚や出産によるストレスがかかりやすいです。
こうしたストレスを感じることでホルモンバランスが変化し、更年期障害のような症状が起こります。

更年期障害というのは、女性ホルモンが関係しているから男性は関係ないと思い込んでいませんか?
しかし、男性にも似たような症状が現れるので油断は禁物です。
男性の場合には、40代の更年期だけではなく、60代や70代からでも発症する恐れがあります。また、女性に比べて長期化する恐れがあります。
男性が発症する原因は、男性ホルモンの減少です。
加齢によるホルモンバランスの乱れが多い原因ですが、その他にもストレスが関係しています。

ページのトップへ戻る